シミトリー ハイドロキノン
シミトリーにはハイドロキノンが配合されていると噂が流れていますが、本当にハイドロキノンが配合されているのでしょうか?

ハイドロキノンは美白効果が高いことから、昔の美白化粧品にもよく配合されている美白成分の一つでした。

しかし、大手化粧品会社に含まれている美白化粧品にハイドロキノンが配合されていたことで、白斑ができたと大問題になりました。

それからハイドロキノンは白斑になる危険性があるとされ、多くの美白化粧品からハイドロキノンが除去されましたよね。

ですが、人気の美白オールインワンジェルのシミトリーには問題になったハイドロキノンが含まれていると悪い噂が流れています。

シミトリーには本当にハイドロキノンが配合されているのでしょうか?

ハイドロキノンとアルブチンの違いって?

シミトリーの成分について詳しく調べてみると、ハイドロキノン誘導体であるアルブチンが配合されていました。

ハイドロキノンと名前が入っているので、誘導体だったとしても肌に負担がかかってしまうのでは?と心配になりますが、ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体のアルブチンは大きく違います。

ハイドロキノンは美白成分効果が強く、通常であればシミが気になる部分のみに使用するのですが、顔全体に塗ってしまったりすることで白斑などを起こす危険性があります。

強力な美白効果があることから、即効性は期待できるのですが、その分副作用の危険性があるとされています。

アルブチンはハイドロキノンの美白効果に加え、ブドウ糖を合成されることで安全性を高めることができます。

ハイドロキノンに比べ、シミを薄くする即効性は低いですが、肌に負担をかけることなく、ゆっくりと確実にシミを薄くすることができます。

敏感肌や極度の乾燥肌でも使用することができ、肌刺激に弱い妊婦さんにも使用できるほど優しい成分なので、誰でも安心して使用することができる成分なのです。

そのため、アルブチンはハイドロキノン誘導体だから、肌トラブルを起こしてしまうのでは?と不安を感じていた人も、これで安心して使用することができますね。

ハイドロキノンは悪い成分ではない?

ハイドロキノンの危険性についてご説明させていただきましたが、正しい使い方をすればシミを消す効果が非常に高い美白成分です。

ただし、ハイドロキノンの美白効果はかなり強力なこともあり、シミにピンポイントで塗らなければいけないところを、顔全体に塗ってしまったことから白斑などの肌トラブルが起きてしまったのでしょう。

シミトリーに含まれているハイドロキノン誘導体のアルブチンはハイドロキノンの美白効果と安全性を兼ね備えているので、肌刺激を与えることなく、シミを薄くし、肌のトーンを明るくすることができるのですね。

その他に危険な成分は入っていないの?

シミトリーに含まれているハイドロキノン誘導体のアルブチンの安全性は証明されましたが、その他にも配合されている成分には危険性はないのでしょうか?

シミトリーには3つの美容成分以外に、9種類の天然由来成分が配合されています。

ユキノシタエキスやカンゾウフラボノイド、マロニエエキスなど保湿効果などの美肌成分が豊富に含まれているので、ただシミを薄くするだけでなく、肌の潤いを与えることができます。

配合されている成分全て調べましたが、副作用が出る成分は一切配合されていないので、安心して使用することができるでしょう。

ハイドロキノン誘導体のアルブチンは美白効果をしっかり実感することができ、さらに肌に負担をかけることはないので、どんな肌質でも安心して使用することができます。

シミに効果的なオールインワンジェルをお探しなら、まずはシミトリーを試してみてくださいね。