シミトリー 白斑
シミトリーには白斑などの副作用が起こる危険性がないのか調べてみました。

加齢するとともに増えてくるシミを治すことができる美白化粧品を使用している女性も多いと思いますが、美白化粧品には白斑の危険性があるとされています。

昔、大手化粧品会社の美白化粧品を使用したことで、白斑ができてしまった多くの女性が訴えたことでも一時期話題になりましたよね。

美白効果の高い成分が入っていることは嬉しいのですが、その分白斑の危険性が気になって、美白化粧品を使うことに抵抗を感じている方も多いでしょう。

人気の美白オールインワンジェルのシミトリーは白斑の危険性がある成分が含まれているのでしょうか?シミトリーの副作用の有無について調べてみました。

>>シミトリーの詳細はこちら

薬用シミトリー

白斑を起こす危険な成分とは?

白斑になるリスクがあるとされている美白成分で1番有名なのは「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンには強い美白効果があると認められているのですが、効果が高い分、白斑になってしまうリスクがあると懸念されています。

ハイドロキノンが配合されていれば必ず白斑になるわけではありませんが、やはり実際に白斑になってしまった事件が起こっていますし、ハイドロキノンが入っていれば使用するのはちょっと怖いですよね。

シミトリーに配合されている成分を調べてみると、なんとハイドロキノン誘導体が配合されていました・・・

それなら白斑になってしまう危険性があるかもしれないですし、シミトリーの使用はやめたほうがいいのでしょうか?

しかし、さらによく調べてみると、ハイドロキノンではなく、ハイドロキノン誘導体の別の美白成分が配合されていることが分かりました。

どんな美白成分なのでしょうか?

シミトリーに含まれている美白成分の正体とは?

シミトリーには美白効果の高いアルブチンが豊富に含まれています。

アルブチンはハイドロキノン誘導体であり、ハイドロキノンと構造は似ているのですが、ハイドロキノンのように白斑になる危険性はありません。

安全性が高いのにハイドロキノンと同様の美白効果をもたらすことができると美容業界でも話題になっています。

白斑を起こさないだけでなく、敏感肌やアトピー肌にも使用できるほど安全性の高い美白成分なので、これなら肌が弱い方でも安心して使用することができますね。

シミトリーで白斑を起こした人はいないの?

シミトリーについての情報サイトや口コミサイトを調べてみても、白斑を起こしたといった投稿はどこにもされていませんでした。

白斑だけでなく、肌荒れなどの副作用も報告されていないことから、安全性が高い美白オールインワンジェルであるという証明になっていますよね。

白斑などの副作用が起こるどころか、本当にシミを消すことができた、くすみが改善されたなどの嬉しい声が多く寄せられていることもあり、信用性が高いところも魅力的ですよね。

心配な方はまずはパッチテストを

シミトリーには白斑ができる危険性がある成分は含まれておらず、口コミを見ても白斑ができてしまった人はいません。

しかし、それでももし白斑になってしまったら…と心配なのであれば、まずはいきなり顔全体に塗るのではなく、腕や首などでパッチテストを行いましょう。

パッチテストを行ってみて、肌に白斑、炎症などが起きていなければ、顔全体にまずは少量塗ってみて、それでも問題なければ使用してもみましょう。

特に肌が敏感な人はシミトリーに限らず、新しい化粧品を使うと刺激を感じやすいので、敏感肌であればパッチテストを行ってみましょう。

シミトリーには白斑の危険性がある成分は含まれておらず、シミトリーが原因で白斑が起きたといった情報はどこにも出ていません。

安全性が保証されている美白オールインワンジェルなので、安心して使ってみてくださいね。

>>シミトリーの詳細はこちら